ケアマネージャーに女性が多い理由

ケアマネージャーの7割以上は女性が占めていると言われています。これは他の介護職に比べると、圧倒的に家事や育児を行いながら仕事を続けやすい環境が整っているからだと考えられます。一般的な介護職は施設にもよりますが、土日祝といった一般的な企業が休みの時も出勤しなければいけないケースも多く、夫や子供と時間が合わなくなってしまうことが少なくありません。しかし、ケアマネージャーは事務職に近いので、夜勤での勤務もありませんし、土日祝は休みになるケースが多いので、夫や子供との時間の都合が付きやすいのが魅力です。

一般的な介護職のように体力を使う仕事ではないため、妊娠した場合に身体のことを気遣って退職するという必要もありません。そのため、ライフスタイルが変化しても、仕事を続けることができるというのが女性に支持されている理由になっています。また、一般の介護職に比べて給与が高くなることも魅力です。全産業の平均的な年収よりもかなり多い収入が得られるというデータもあるため、家庭を持ちながらも経済的に自立したいという人にもピッタリの職業だと言えるでしょう。

また、収入を抑えて夫の扶養に入りたいという場合は、短時間だけ働くことができるので、家庭をないがしろにすることもありません。さらに、ケアマネージャーは行政と介護を必要としている人や、その家族とのコミュニケーションをとる必要があります。そんなときにも女性の方が相談しやすいという高齢者が多く、細やかな点に気が付きやすいという点でも利用者からの好評のようです。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.